FC2ブログ

狸おじさんの腐男子日記

腐男子と言ってもらうには 年寄りなおじさんの 気ままなオタク日記です。 同人活動や腐的発言が多数ありますので 苦手な方はスルーして下さい。

ブログ開設

このブログは、ツィッターで呟きつつ
ちょっと長く語りたい時のために作ってみました。

また、同人活動の告知や
漫画・アニメ・ゲーム等への腐った感想なども
書いていくつもりです。

こんな感じで、ゆるくやっていきますので
よろしくお願いします。
スポンサーサイト



  1. 2037/12/31(木) 10:45:16|
  2. 星矢・LC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

同人活動について

個人サークル「道産子倶楽部」にて活動中。

イベント売り主体ですが
オンデマ本は、「とらのあな」様で通販をお願いしてるものもあります。

今後のイベント参加は下記を予定しています。

・パラダイス銀河20(2015/4/5)
  星矢・ロスキャン:サークル参加予定(スペース確定:C-17.18)
・スパコミ(2015/5/4)
  コードギアス:サークル参加 予定(申し込み中)
・Diffusion of Starlight 3(2015/5/31)
  星矢・ロスキャン:サークル参加予定(申し込み中)
・ギアスターボ9(2015/6/28)
  コードギアス:サークル参加予定(申し込み中)
・コミックマーケット88(2015/8/15)
  コードギアス:サークル参加で予定(申し込み中)
・FULL CODE(2015/9/20)
  コードギアス:サークル参加で予定(申し込み中)



過去の活動については、参加履歴でご確認いただけます。

  1. 2037/12/30(水) 00:14:54|
  2. 同人イベント情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大阪芸術大学コードギアス・ティーチインイベント「GEASS Method」レポ

今更ですが7/19に大阪芸術大学で行われたコードギアスの
ティーチインイベントのレポになります。

ただし、イベント後にメモ代わりにツイッターで呟いたり
手帳にメモしたことや記憶を頼りに書いていますので
細部やニュアンス違いがあることをご承知願います。

イベントの正式なタイトルは
コードギアス 亡国のアキト 第4章「憎しみの記憶から」公開記念
コードギアス×大阪芸術大学
【GEASS Method -ルルーシュからアキトヘ。怪作の栄達とその系譜 -】

会場は大学内の映画館(キャパ100名ほど)で
参加されたのは、司会役の大学の先生(たしか映像学科の先生だったはず?)と
ゲストの下記お三方でした。

湯川 淳 (バンダイビジュアル・プロデューサー)
河口 佳高(サンライズ ・プロデューサー)
高橋 良輔 (大阪芸術大学キャラクター造形学科教授なのですが
       この場合は、谷口監督の師匠であるボトムズ等で高名な
       アニメ監督という紹介の方が良いですね)

まず最初に、公式サイトで公開されていた「枢木スザク特別PV」が上映されました。
既に見ているものではありますが、スクリーンで見ると迫力があって良いですし
内容的にも、スザク視点で1期およびアキトへの導入部にもなる
スザクがルルーシュを皇帝に売るシーンを見ることが出来て
アキトへの導入としても合っていたと思います。

それから司会者が登場し、イベントについての簡単な説明があり
ゲストの登場となりました。

そして、前半は司会者がゲストに質問していく形式で
後半は、観客の質問にゲストが答えて下さる形で
進められました。

まず、コードギアスそして亡国のアキトを見ているかとの問いかけに
挙手多数で両Pは多くて有難いですと(^^)

そして、司会の方から
大半の方がご覧になってはいますが、初めての方もいますのでと
作品解説がありました。
それから、プロデューサーや監督とはどのようなものか?ということや
コードギアスの作品の経緯について、当事者であるゲストの方々が説明してくれました。

プロデューサーがまず作品の企画・立案を行い下準備をして
それから監督を選び作業が進んでいく。
監督には演出能力、スタッフへのリーダーシップ
オリジナル作品の場合は企画に沿ったシナリオ作業の指導などが
求められる。

コードギアスの場合はプラネテスの制作陣が
多くの人に見てもらう、ガンダムSEEDのお客さんにも
入ってもらえる作品をと話したのが始まり。
ただし、その段階でのものは今とは全く違うもので
商業的にはバンダイでプラモデルを販売するなどを考慮した
少年少女の戦争ものの方向だった。

当初案では、主役がロボットのパイロットのスザク、
ライバルとして味方の司令官(皇子様設定あり)ルルーシュで
ロボットも100メートル級の巨大ロボで、基本的に戦闘ものだったが
放送枠が深夜に変わったことで再検討し
主役とライバルをひっくり返し
頭脳派主人公がテロリスト的に戦っていくものとなり
そうなると設定的に、ロボットは見つかりにくいものということで
スタイリュッシュさも考慮し6メートル級でトレーラーに入るサイズに
変更となった。
これには室内での戦闘を可能にすることも考慮したとのことです。
そして、その過程で主人公の武器としてギアスが誕生した。

タイトルは、当初は反逆のルルーシュだけだったが
ガンダムのように世界観を展開できるようにと検討して
最初はギアス戦記、でもしっくりいかなくて
ギアスレコード、ギアスコード(ちょうどダ・ヴィンチ・コードが流行っていた)と
変化していき、最終的に商標の関係でギアスコードが既に類似品があるため
これをひっくり返してコードギアスとなった。

これは商品展開上、商標に抵触するのはまずいためで
実例としてガンダムのララァの専用機エルメスは
ファッションブランドのエルメスの商標との関係で
ララァ・スン専用モビルアーマーとして商品化されてることが
話されました。

そして動き出したものの、1期は色々と無理があって制作が追いつかず
製作サイドが関わらないで出来る総集編を入れることで何とかしたりと大変だったそうです。
R2については、エベレストに何とか登ったのに
またエベレストに登れと言われているようなもので
スタッフを変えて挑むことにしたもののPは逃げられなかったと
両Pとも苦笑されていました。

アキトについては、これらの経験からロボットはCGでとなり
その方面に強いということもあって赤根監督にお願いすることになったが
当初、ロボットだけのCGのはずが、背景もする!と
監督がどんどん暴走、止めても聞いてもらえず
今もお城のCG作業が続いているとのことでした(^^;
本来は予算の制約があるので、困ったことなのでしょうが…
苦笑しながらも頑張って下さっているみたいですね。

後半の質問タイムは下記のような感じでした。

●キャラクターデザインがCLAMPなのは?

ガンダムSEED人気を受け継ぐため、女性受けをするキャラデザをと
考えていた時に、河口Pが書店で偶然CLAMP作品に出会い依頼を考えた。
ただし、当時においては漫画原作ではなくキャラデザのみを漫画家に依頼するのは
一般的ではなく、最終的にタイバニ関係者の伝手で手紙で依頼することになった。
CLAMP側も手紙での仕事の依頼は初めてと驚いたとのことでした。

●アキトは18歳になれますか?

かなり熱心な若いアキトファンのお嬢さんが
アキトと結婚したいので18歳になるか知りたいと質問…
これはまあ、アキトは生き残れますか?と聞いていることになるので
当然、今後のことなので最終章で確認して下さいとなりました。
そして両Pともアキトは家庭向けじゃないから止めた方が良いと
揃って断言…たしかにギアスで家庭向けの男性キャラって
リヴァルくらいしか思い浮かばないですね(^^;

●ガンダムシリーズと同じ声優が多いのは?

偶然ですと断言!
求める役に見合った技量がある声優さんが絞られるため結果的に
同じ声優さんが登場することはあります。
ただし近い作品のメインが重ならないよう配慮はしています。
子安さんが色々出てますねとの問いには
あの人は上手いので、色々な違った役をお願いできるんですとのことでした。
藤原さんについても話題になり
悪役が似合うんですか?との流れに
クレヨンしんちゃんのひろし最高!との返答に
会場は笑いに包まれました(^^)

●5章の時間はどうなるか?十周年企画は?

5章ということですが、1時間程度なのか
前中後編というような形なのでしょうか?
これには1時間でと焦った回答があり
伸びたらPをクビになりますと(^^;
それから質問者から
勝手に代弁しますが皆さんいくらでもお待ちしますと
心強いご宣言(ありがとう!)
ですがPからは、私もう休みたいですと(^^;
更に十周年企画は?には
今は考えていない、もうアキトでいっぱいいっぱいですと
勘弁してください(^^;とのお答えが…
まあ、これはアキトが終わるのを待つしかないのでしょうね。

●ジュリアスとスザクは何故同じ部屋に幽閉されたのか?

あのジュリアスの面倒をみられるのはスザクしかいないから
あれはシンの嫌がらせ、
あの時期のスザクはルルーシュを殺したい、死んでも良いとも思っていて
それを一緒にすることで苛んでいるとのことでした。

●ランスロットという悪名にしたのは?スザクが主を変えていったことと関係ある?

名称は大河内さんでないと分からないけど、そういう意図はあったかも。
アーサー王伝説とイギリス関係から採用していて、ランスロットというのが
カッコイイということもあるかも?とのことでした。

●ジュリアスは最初から登場予定だったか?

最初から決まっていたが、第1章から出すと
アキトの物語でなく、ルルーシュのものになってしまうので
控えていた。
ルルーシュという点にアキトが加わることで
点から線に広げたかった。
広報的にも緘口令を出してギリギリまで抑えた。
(一般には先行試写会で初めてお披露目で、これには本当に驚いたので
大成功だったと思います(^^))
河口Pはイベントでルルーシュが出ますか?と聞かれ
罪悪感を覚えながら、出ません!と答えたそうで
当時は製作側は、あれはルルーシュじゃなくてジュリアスと
唱えていたとか。

●裏ネットギアスをまたやらないのか?

とても好きだったので、是非新たに配信して欲しいとの要望に
声優さんを呼ぶとコストの問題があるので、制作陣だけで
ネットラジオをしたもので、会議室で収録したぐだぐだで
削除したいのに未だに残ってしまっている。
今のとこと予定はなくて、仮にやるとしても
今は人がいないと思う…ここでなぜか松風さんと名前が出て…
ギャラはともかく、あの人は友好的で協力的だけどテンションが高くて困る
我々はテンション低くなのでと(^^;
とにかく予定はありませんとのこと。
関係ないのに松風さんの名前が自然に出て爆笑となったのは…
何というか松風さんの人徳でしょうか(^^)

こんな感じで時間切れで質問タイムは終わりました。

そしてゲストの方々が盛大な拍手の中、退場され
最後に4章PVが流されて楽しいイベントとなりました。
本当に充実した楽しい時間で、遠征して良かったです!
(唯一残念なのは、当日の整理券配布のため
遠征を断念した方がかなりいらしたらしいこと…
実は結構余裕だったんですよ(^^;)

なお、エキシビションとして
大阪・天王寺にある大阪芸術大学スカイキャンパス(あべのハルカス 24F)で
コードギアス設定画や美術等を含む限定展示を開催しています。
こちらは今月いっぱいやっているので、大阪近郊の方は是非!
新規情報などはないものの、濃密なギアス空間を体験できますよ(^^)




  1. 2015/07/21(火) 19:44:05|
  2. コードギアス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コードギアスオンリー「FULL CODE」に申込みました。

コードギアスのオンリーイベント「FULL CODE」に申込みました。

9/20(日)東京ビックサイト開催
http://www.zr.akaboo.jp/zronly/item/p0110.html

この頃にはアキトも三章と四章の上映が終わり
きっとアキト本(というかセブジュリ本)がたくさんあるんだろうなと思うと
楽しみです(^^)
  1. 2015/03/21(土) 20:38:55|
  2. 同人イベント情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ギアスターボ9・サイトオープン&申込みました(^^)

コードギアスのオンリーイベント
「ギアスターボ9」のサイトがオープンしました!
http://www.youyou.co.jp/only/geass/index.html
ということで申し込んできました!
今から楽しみ(^^)
  1. 2015/02/19(木) 19:26:05|
  2. 同人イベント情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ